| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ブログアフィリエイトで稼ぐ】稼ぐブログとは

サイトを作成するにあたって重要な事は、
「アドセンスで稼ぐ」、「アフィリエイトで儲けたい」と本気で考えている人ほど、
ドツボにはまる可能性が高いように思います。


サイトから稼ごうと思うほど、自己中心的なサイトになってしまい、
「ユーザーは何を求めてサイトに訪れたのか」ということを考えなくなる傾向が強いのです。


訪問者が求めているものを与えられないサイトでは稼げないんです。


ブログランキングの上位にいるサイトを見ていると参考になるかもしれませんんね。
かなりトラフィックがあるのに、コメント2~3しかないものや、
売込みばかりのブログなども結構あります。


もちろん、ブログは自由に作ってよいのだから批判するわけではないですが、
参考にしてほしいだけなんです!


★稼ぐサイトのポイント★

『訪問者はそのサイトを見るか「戻る」を押すかは、3秒で決める』


あなたもそうではないでしょうか?
きちんと情報が整理されていて、目を引くサイト、見やすいサイト、
つまり「ユーザービリティ」を考えてないと、
「戻る」のボタンを押されてしまいます。


SEO最適化やアドセンスのクリック率を高めようとするほど
訪問者を無視したサイト作りになってしまいがちです。


一目見て、このサイトは何の情報を発信しているのか、
わかりやすいサイト作りが重要です。


3カラムのサイトは、情報がたくさんありすぎて
カテゴリはどこにあるのかなど、
ゴチャゴチャになりがちで、実はあまり好ましくないんです。


一つの情報を、掘り下げて配信したほうが良い結果を生みます。


★ブログアフィリエイトでインスタントに稼ぐ入門書 TOPへ★
スポンサーサイト

| グーグルアドセンス | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ブログアフィリエイトで稼ぐ】Google Adsenseとは

パレートの法則というのをご存じですか?
「20:80」の法則です。

 
全商品の上位20%が全体の売上げの80%を占め、
全商品の80%は全体の売上げの20%を占めるに過ぎないという、
経済学者パレートが提唱した法則です。

 
インターネットで商品を売る際には、今ではこの法則が成り立たない場合が
あると言われるようになっています。

 
その代表的な例が、Amazonだとされています。
アマゾンは一般の実店舗と違って在庫を抱え込む必要がないため、
人気があって需要が高い2割の商品の他に、
一般的な需要はあまりない残りの8割の商品も販売対象にできます。


このあまり一般受けしない残り8割の商品は、個々の販売数自体は少ないのですが、
商品の数が多いために、売上額で見ると全体の売上げの50%を超えるというのです。

 
こうしたものには、学術書のような専門書などがあります。
従来の「死に筋」といわれた商品です。

 
このような、ニッチ商品の売上げがベストセラー商品の売り上げに
匹敵するという現象をロングテール現象と言うそうです。

 
ベストセラー商品を首(ヘッド)に、ニッチ商品を長い尻尾(テール)に
例えた言葉なのだそうです。

 
Google のアドワーズというリスティング広告も、
ロングテールの需要を掘り起こすために広告出稿者に利用されています。

 
大手ポータルサイトや新聞社のウェブサイトに広告を掲載したのでは
効果がほとんど期待できない広告主にとって、
アドワーズのようなキーワードマッチ型リスティング広告は、
少ない費用で高い効果が見込めるからです。

 
また、Google の立場から見ると、広告単価は安くても(アドワーズは7円から入札できます)
数多くの広告主を集めることで、Yahoo! のようなポータルサイトに掲載される、
単価の高いバナー広告に匹敵する利益を得ることができるわけです。

 
これは、広告市場でのロングテール現象です。

 
Google AdSense もロングテール市場を主な対象にしています。
個人・法人を問わず、数多くのサイトを広告媒体として、
広告キーワードに最適なサイトに広告を掲載することで、
単価の安い広告費用をウェブ市場全体からかき集め、
総額としては大きな利益を得ようとするのが、Google AdSense です。

 
以上から分かることがあります。それは、ロングテールを対象にした場合、
個別のサイトにとっては、AdSense による広告収入は「割に合わない」はずなのです。

 
ロングテール部分は、ただでさえ需要の少ない市場です。
なので、その部分から割に合う利益を得るためには、
薄利多売にならざるを得ません。
胴元だけが儲かる仕組みなのですね。

 
今では、ほとんどのウェブサイトが Google AdSense を貼り付けています。

 
アフィリエイトやショップをしていない、単なる趣味の日記サイトなどでは
小遣い銭稼ぎになっていいかもしれませんが、
アフィリエイトやショップを主な目的としている場合は、
次のことをよく考えるべきでしょう。

 
それは、Google AdSense は「場所を取る」ということです。

 
サイトのスペースを Google AdSense は占有します。
その場所に AdSenseではなくアフィリエイト広告を貼り付けておいたほうが、
一定期間を通してみればアフィリエイト広告からの収入の方が多くなる、
というスペースに間違って AdSense を貼り付けたら損だと思います。

 
Google AdSense は、クリック報酬型広告なので、
通常のアフィリエイトより簡単に収入が得られると思われているのか、
とても人気があるようですが、ロングテールということを考えたときには、
必ずしもそうではないのです。

 
AdSense を貼り付けるときには、本当にその場所でいいのか、
よく考えた方がいいかもしれませんね。


★ブログアフィリエイトでインスタントに稼ぐ入門書 TOPへ★

| グーグルアドセンス | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ブログアフィリエイトで稼ぐ】グーグルアドセンスで稼ごう!

毎月数万円の収入だけで良いのなら、アフィリエイト初心者の方には
『グーグルアドセンス』がオススメです!


またユニークアクセス数が1日・1000以上あるサイトやブログがあるのなら
グーグルアドセンスで稼げます。


グーグルアドセンスでアフィリエイトをする場合はアクセス数を増やせれば、
一定の割合で稼げるので、アクセス数が多いのに競合サイトが弱いキーワードを狙えば、
楽に稼げますよ^^

  
それでは詳しく解説していきます。



★クリック単価の高い高額キーワードは狙わない★
グーグルアドセンスを始めると1クリック単価の高いキーワードを狙って
アフィリエイトを始めてしまう人がいるのですが、
はじめから「高額報酬単価キーワード」を狙うと、
ライバルも強いので、グーグルなどの検索で上位表示されないんですよね。


そうすると結局、アフィリエイトでは稼げないという結論になってしまい
挫折する人が続出するわけです。


アドセンスのポイントはアクセス数
アドセンスでアフィリエイトをする場合、
1番大切なのはアクセス数なんです。


アクセス数がなければアドセンスでは稼ぐことはできません。


このアクセス数への考え方が成果報酬型アフィリエイトと根本的に違う部分です。


競合率の低いキーワードを選ぶ
そのため、アドセンスでアフィリエイトをする場合、
上位表示を狙うキーワードはアクセス数が多いのに、
「競合率の低いキーワード」に絞っておこなう方法がベストです。


つまり検索エンジンで上位表示させるのは、『競合率の低いキーワード』で行い、
グーグルアドセンスの表示は『高額報酬単価キーワード』の広告を表示させる
といった手法になります。


「高額報酬単価キーワード」はサブキーワードとしてを盛り込むといったテクニックになります。


アフィリエイトサイトの作成数の目安
僕はアドセンスと成果報酬の両方をやっているのでよく分かるのですが、
アドセンスのアフィリエイトを行う場合、1つや2つといったサイトで稼ぐといった手法と、
数十個のアドセンスサイトを作成し、稼ぐといった2つの違う方法があります。


この2つの違う方法はキーワードによって選択されます。


複数ページの記事を作成しやすいものは、1つのサイトでアドセンスを行い、
記事数が少ないものは、複数のサイトを作成する必要があるわけです。


ページ数の目安としては記事数が300以上のものは1つでも稼げるでしょうし、


記事数が20ページ位しかないのであれば、
最低でも5個~10位の複数のサイトをつくる必要があります。


ただしサイトの数も多ければよいといった単純なものではありません。


キーワード選択を間違うと、いくらサイトを作成しても稼げません。


なので、まずキーワードを決めたら3つくらいのアフィリエイトサイトを作成し、
1~3ヶ月様子みましょう。


実際に稼げたらサイトをドンドン作成してキーワードを狙い撃ちすれば良いわけです。



★グーグルアドセンスで稼ぐテクニック★
具体的には、タイトルやサイト紹介文に『競合率の低いキーワード』を盛り込み、
本文中に「高額報酬単価キーワード」を記載するといった方法が一般的です。


タイトル:上位表示を狙う競合の低いキーワード(文字数25文字前後)

キーワード:上位表示を狙う競合の低いキーワード,高額報酬単価キーワード
       (キーワード数:5個くらい)

サイト紹介文:上位表示を狙う競合の低いキーワードと高額報酬単価キーワードを
組み合わせて文章を50~75文字程度で作成


トップページや各記事の本文に「高額報酬単価キーワード」を記載する。


このようなアフィリエイトサイトを作成することで、競合の弱いキーワードでアクセス数を稼ぎ、
本文中の「高額報酬単価キーワード」広告を一定の割合でクリックしてもらうことを狙います。


そのようなアフィリエイトサイトをいくつか持つことによって、
グーグルアドセンスの収入が増えていき、
毎月数万円の副収入が入るようになります。


但し、同じサイトをコピーしては絶対ダメですヨ。
検索エンジンにスパム判定されてしまえば、
全ての努力が無駄になってしまいますから。


★ブログアフィリエイトでインスタントに稼ぐ入門書 TOPへ★

| グーグルアドセンス | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。